HOME 問い合わせ
週刊報道和歌山社
〒641-0021 和歌山市和歌浦東2-4-63
TEL:073-446-5959 FAX:073-497-6767
http://www.hodowakayama.net/
子どもたちの活動、あなたの暮らしを応援!!

172号 7/18
(8-11面)
中学スポーツの“夏”突入!
和歌山市中学総体全14競技の熱戦開始
10-11面 ソフトボール競技
楠見・東合同、正念場の河西戦制しV
8-9面 ハンドボール競技
紀伊、逆転で西和破り1位代表
和歌山市中学総体水泳競技結果
9面 和歌山シニア大阪西成1年生大会
6-7面 全日本中学校通信陸上競技和歌山大会
和歌山市勢男子4選手が全中へ!

(8-11面)
中学スポーツの“夏”突入!
和歌山市中学総体全14競技の熱戦開始

 中学スポーツの最高峰・全国中学校体育大会(全中)につながる第61回和歌山市中学校総合体育大会夏季大会は12日、水泳競技など3競技を皮切りに開幕し、13日の2日間で水泳、ソフトボール、ハンドボールの3競技が全日程を終えた。引き続き19日から4日間にわたって残る11競技が行われ、一部の競技を除き各競技の県大会出場チーム、選手が決まる。

(10-11面)
ソフトボール競技
楠見・東合同、正念場の河西戦制しV
負ければ3位の「緊張感」チームワークで克服

逆転優勝を喜ぶ楠見・東の合同チーム
県大会での巻き返しを誓う河西

 ソフトボール競技は12、13の両日、河西中グラウンドで女子5チームが出場して行われ、リーグ戦の結果、楠見・東の合同チームが3勝1分けの無敗の勝利で市1位代表に輝いた。合同チームに唯一の黒星をつけられた河西も2位代表で県大会出場を決めた。

◇リーグ戦第9試合
1 2 3 4 5 6 7
河  西 0 0 0 0 0 2 0 2
楠見・東 0 0 0 1 4 1 × 6
(河)大西-長瀬(合)嶋田-森川
北原(合)井村(合)

完投勝利で優勝を決めた嶋田(左)が
捕手・森川とグラブタッチで喜ぶ
ランニング本塁打で先制点を
たたき出した遊撃手・北原は守備
でも貢献

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(8面)
ハンドボール競技
紀伊、逆転で西和破り1位代表
9得点の三澤「イイ感じ」

県大会に弾みをつけた紀伊男子
春に続く全国出場を狙う西和女子
県大会での確実な勝利を誓う西和男子

 ハンドボール競技は13日、西和中体育館で男子の紀伊と西和の2チームのみの出場で行われた。県大会出場枠は2チームあるためシードを決める一戦となり、紀伊が逆転勝ちで西和を下し、市1位代表を奪った。女子は市内唯一の西和が県大会に出場する。

◇男子決勝
紀  伊
16
5-6
11-4
10
西  和

9得点で勝利に貢献した三澤





(6-7面)
全日本中学校通信陸上競技和歌山大会
和歌山市勢男子4選手が全中へ!

 第54回全日本中学校通信陸上競技和歌山大会は12、13の両日、県営紀三井寺陸上競技場で行われた。標準記録突破で全国中学校体育大会(全中)の出場資格が得られる公認記録会とあって選手らの表情もいつになく真剣。標準記録を突破したのは男子5種目6選手で女子はなし。和歌山市勢では800m走の大谷尚平(東3)が1分59秒24の県中学新、大会新を樹立して全中初出場。同じく東勢の福本直也も走り幅跳びで6m64の大会新をマーク。4種競技の中村恭輔(西脇3)も2628点で県中学、大会両記録を更新。400m走の辻拓真(日進3)も標準記録を上回る51秒73の走りをみせた。この日全中に届かなかった選手らは県中学総体が今季最後の公認記録会となる。

東勢2選手が夢舞台
共通男子800m走
大谷尚平一番乗りに「よっしゃー」
〔共通男子800m走予選〕2位以下を
引き離しゴールへ向かう大谷
 
共通男子走り幅跳び
福本直也、予想超えの大ジャンプ
〔共通男子走り幅跳び決勝〕全中
出場を決める大ジャンプをみせた福本

〔共通男子4種競技・110m障害〕
県中学新、大会新を樹立し全中出場を
決めた中村





このサイトのテキスト/写真等の無断転載・改変・引用、リンクなどはご遠慮下さい。
Copyright (C) 2008 週刊報道ワカヤマ All Rights Reserved.