HOME 問い合わせ
週刊報道和歌山社
〒641-0021 和歌山市和歌浦東2-4-63
TEL:073-446-5959 FAX:073-497-6767
http://www.hodowakayama.net/
子どもたちの活動、あなたの暮らしを応援!!

241号 12/25
12面 県冬季ミニバスケットボール大会・男子の部
雑賀V夏のリベンジ果たす
10-11面 県冬季ミニバスケットボール大会・女子の部
雑賀、セインツの壁崩せず
9面 鈴鹿選手権シリーズSUZUKA OPEN
高校生レーサー松本(和工)シリーズ制覇
8面 天皇杯全日本相撲選手権
和商出身の冨田(日大)、史上初の親子横綱


(10-11面、12面)
本町のDFをかわしながらシュートを打つ峯野(左)
ジャンプシュート放つ雑賀・嶋田
県冬季ミニバスケットボール大会
雑賀V夏のリベンジ果たす

 第36回県冬季ミニバスケットボール大会(19、20日、和歌山ビッグホエール)男子決勝は、和歌山市勢の争いとなり、高さで勝る本町を雑賀がスピードで制し、2年ぶりの全国大会(来年3月26日から3日間、東京・代々木体育館)への出場キップを女子とアベックで手中にした。

◇男子決勝
雑 賀
51
15-9
18-5
8-16
10-11
41
本 町


雑賀、セインツの壁崩せず
夏季大会に続き決勝で涙

◇女子決勝
セインツ
45
4-2
11-2
12-6
18-6
16
雑 賀












(9面)
シリーズチャンプの松本
鈴鹿選手権シリーズSUZUKA OPEN
高校生レーサー松本(和工)
シリーズ制覇
最終戦をポールtoWinで飾る

 昨年度の四輪カート08SL大阪シリーズチャンプの高校生レーサー松本宗悟(Mテックスポーツ、和工3年生)が、舞台を鈴鹿に移し挑んだ2009鈴鹿選手権シリーズ「SUZUKA OPEN」(全4戦)の最終戦(13日)をポールtoウィンで飾りシリーズ優勝を果たした。「安定感がでてきた」と成長を実感する松本の来年度の目標は1ランク上の「KT100S」のシリーズ制覇。「チャンピオンになります」と自信をみなぎらせる。







(8面)
天皇杯を手に微笑む冨田
天皇杯全日本相撲選手権
和商出身の冨田(日大)
史上初の親子横綱

 アマチュア横綱を決める第58回全日本選手権(6日、東京・両国国技館)で、和歌山市出身の日大4年生、冨田元輝(22)が初優勝した。1980年の29回大会で父の故忠典さん(享年45歳)も手にした天皇杯に親子の名が刻まれるのは史上初。目標だった父に「やっと追いつけたかな、て感じです」と








このサイトのテキスト/写真等の無断転載・改変・引用、リンクなどはご遠慮下さい。
Copyright (C) 2008 週刊報道ワカヤマ All Rights Reserved.