HOME 問い合わせ
週刊報道和歌山社
〒641-0021 和歌山市和歌浦東2-4-63
TEL:073-446-5959 FAX:073-497-6767
http://www.hodowakayama.net/
子どもたちの活動、あなたの暮らしを応援!!

272号 8/27付
12面
リトルシニア第1回林和男旗杯国際野球大会
中田有咲MVP「出来すぎ」
10-11面 B、C級県学童軟式野球大会兼松源杯
雑賀V16年ぶり2度目
決勝 巧者ぶり発揮し名田黒潮を打破
8-9面 “やんちゃ集団”真っ黒の笑顔キラリ
B級 三田「うれしい」初優勝
6-7面 リトルシニア第1回林和男旗杯国際野球大会
和歌山シニア初代王者に!
引退の夏、初栄冠に感涙


(12面)
リトルシニア第1回林和男旗杯国際野球大会
中田有咲MVP「出来すぎ」
チームトップ打率0.714

試合前、アカペラの歌でチームを活気づける中田(手前右)
 硬式野球リトルシニアの全国各ブロック代表50チームと台湾3チームで争った第1回林和男旗杯国際野球大会兼ダイヤモンドカップ(11日から5日間、舞洲ベースボールスタジアムなど)で和歌山シニアが初代王者の座に着いた。打率チームトップの7割1分4厘を叩き出し優勝に貢献した右翼手・中田有咲が最優秀選手(MVP)に選ばれた。背番号「10」の“10番目”の選手が「久しぶり」のスタメンで期待に応えた。中田は「出来すぎ、100点満点です」と照れ笑いを浮かべた。優秀選手に主砲・天野康大、ベストナインにエース上芝健太と、早田宏規、峯健太郎の外野手2人が選出された。



(6-7面)
和歌山シニア初代王者に!
引退の夏、初栄冠に感涙

優勝を喜ぶ和歌山シニアナイン
 愛知西との決勝。上芝が中学最後のマウンドで最高の投球をみせた。「1、2年の時はナメてた。練習も真面目じゃなかった」と制球難が克服できず自ら崩れる試合が多かったが、「中川(周平)コーチに厳しくしてもらって自分から努力しだした」と今春以降に安定。日本選手権予選前に初めて「1」を背負い「俺が投げるしかない」と自覚も芽生えた。この日も初回こそ2四死球と制球を欠いたが、2回以降は直球とブレーキの効いたカーブ、スライダーで愛知西打線を翻弄。つけ込む隙を与えない「エース」の力を発揮した。

◇2回戦▽和歌山15-3行田
◇3回戦▽和歌山7-6藤沢
◇準々決勝▽和歌山4-0札幌真駒内
◇準決勝▽和歌山1-0甲子園

◇決勝
1 2 3 4 5 6 7
愛知西
0 0 0 0 0 0 0 0
和歌山
1 1 3 1 0 2 × 8
(愛)後藤、小野寺、岩田-大谷(輪)上芝-明渡、此上
岩田、天野、中田(和)中田、明渡、岩田(和)






(8-9面)
B、C級県学童軟式野球大会兼松源杯
“やんちゃ集団”真っ黒の笑顔キラリ
B級 三田「うれしい」初優勝

好守でピンチを救った遊撃手・西田(右)と三塁手・坂田が笑顔でベンチに戻る
 第28回B級、第26回C級県学童軟式野球大会兼第11回松源杯は21、22の両日、和歌山市民球場などで行われ、和歌山市勢がB、C級を制した。B級は三田が初優勝、C級は雑賀が16年ぶり2度目の県制覇を果たした。
◇B級決勝
1 2 3 4 5 6
三 田 0 0 1 2 2 0 5
和 田 0 0 0 0 1 0 1
                (6回時間切れ)
(三)沼井-東田(和)米田-乙田
沼井(三)西田(三)、三上(和)沼井(三)

 「やんちゃで行こうぜ」。三田11人の“やんちゃ集団”が吉田隆行監督の呼び掛けに発奮。炎天下でユニフォームを真っ黒にして和田を退け、泥んこの手に栄旗を収めた。



(10-11面)
雑賀V16年ぶり2度目
決勝 巧者ぶり発揮し名田黒潮を打破

◇C級決勝
1 2 3 4 5 6
名田黒潮
0 0 0 0 0 2 2
雑  賀
0 0 1 1 2 1 5
                (6回時間切れ)
(名)矢野、湯川-中川(雑)奥-吉田
奥、矢川(雑)矢野(名)田尻(雑)木下(名)辻、阿部(雑)

投打に活躍した雑賀エース奥

 C級決勝は、下位打線が劣る名田に対し、切れ目のない打線生かし巧者ぶりを発揮した雑賀に軍配。エース奥の投打の活躍も光り16年ぶり2度目の県制覇を果たした。






このサイトのテキスト/写真等の無断転載・改変・引用、リンクなどはご遠慮下さい。
Copyright (C) 2008 週刊報道ワカヤマ All Rights Reserved.