HOME 問い合わせ
週刊報道和歌山社
〒641-0021 和歌山市和歌浦東2-4-63
TEL:073-446-5959 FAX:073-497-6767
http://www.hodowakayama.net/
子どもたちの活動、あなたの暮らしを応援!!
イラスト


293号 2/4付
12面
県卓球祭兼東京卓球選手権大会予選
高木莉紗子(ラブオールJr)
2年連続の東京選手権へ
10-11面 全日本少年軟式野球大会
和歌山市選抜、横浜に向け始動!
8-9面 和歌山市長距離選手権
Jr駅伝市選抜選手、熾烈な代表争い
6-7面 県市町村対抗ジュニア駅伝
和歌山市2年ぶりV奪還へ
選抜メンバー決まる
   
   

(12面)
県卓球祭兼東京卓球選手権大会予選
高木莉紗子(ラブオールJr)
2年連続の東京選手権へ

 2010年度県卓球祭兼第63回東京卓球選手権大会予選は1月30日、県立体育館で行われ、男女別に小・中学1年生の部とカデット(14歳以下)、ジュニア(17歳以下)の両部と、一般のシングルス、ダブルスの計10クラスで争われた。カデットとジュニアの部は上位2選手、一般シングルスは男子が上位6選手、女子は4選手、同ダブルスは男子が上位3組、女子2組に東京選手権大会(3月16日から5日間、東京体育館)の出場権が与えられる。女子カデットの部で、河西中2年生の高木莉紗子(ラブオールJr)が優勝し、昨年に続き出場権を手にした。

女子カデットを制し、2年連続の東京選手権出場を決めた高木


(10-11面)
全日本少年軟式野球大会
和歌山市選抜、横浜に向け始動!

 第27回全日本少年軟式野球大会(8月、横浜スタジアム)を目指す和歌山市選抜のメンバー20人が決まった。1月30日には今年最初の練習を行い、3年ぶりの全国出場を目指し本格的に始動した。横浜スタジアムへの第一関門となる県予選(4月9、10日、和歌山市民球場)を突破し、近畿予選(6月、大阪府)出場を狙う。主将の森實は「選ばれたことを誇りに思う。応えられるよう精一杯努力していきたい」と市中学球児の代表として使命感に燃える。

選抜メンバーが始動。酒井監督も「今年は厳しく」横浜を目指す

 

 

(8-9面)
和歌山市長距離選手権
Jr駅伝市選抜選手、熾烈な代表争い

小学生
男子 木下、日裏ワン・ツーフィニッシュ
女子 橋本安堵の1位、嶋田スパート争い制す

〔女子小学6年生の部〕ゴール前のスパート争いで嶋田(左)が山野を僅かにリードした

 

中学生
女子 中が5年連続大会新!上野、鹿嶋抜け出る
男子 出口、大畠の3年生順当、3位に古井

〔男子小学6年生の部〕ゴール直前、日裏を振り切りトップに立つ木下

 第41回和歌山市長距離選手権は1月30日、県営紀三井寺陸上競技場を発着点とする周回コースで行われた。同選手権は、第10回県市町村対抗ジュニア駅伝大会の和歌山市選抜メンバーを市代表チームとオープン2チームに振り分ける重要参考資料。メンバー36人は代表チーム入りを目指し、本番さながらの本気の走りを披露した。



(6面)
県市町村対抗ジュニア駅伝
和歌山市2年ぶりV奪還へ
選抜メンバー決まる

 県内市町村の小中学生でつくる選抜チームが紀三井寺陸上競技場から県庁前まで10区間21・1`をタスキでつなぐ第10回県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会(2月20日、午前11時スタート)に出場する和歌山市チームの選手36人がこのほど、決まった。チームで唯一5年連続選抜入りした女子主将の上野は、2年ぶり4度目の優勝に向け「前半から飛ばして積極的な走りをしたい」と意気込む。




このサイトのテキスト/写真等の無断転載・改変・引用、リンクなどはご遠慮下さい。
Copyright (C) 2008 週刊報道ワカヤマ All Rights Reserved.